退職金で住宅ローン完済か、リバースモーゲージで一括返済か?

多くの方が退職後も住宅ローンが残る計算でローンを組んでいるのではないでしょうか?

そして多くの方が、退職金でローンを一括返済してしまおうとお考えかもしれません。

しかし、ご存知の通り公的年金の支給開始時期は今後段階的に引き上げられ、65歳になります。また、今後はそれ以上に引き上げられる可能性も高く、金額も引き下げられる可能性も大きいのです。
年金制度の変更に合わせて法律が改正され、高年齢者雇用安定法というものができましたが、多くの企業の場合、今までの処遇とは大きく違い、委託社員や契約社員として今までの収入よりもかなり低い額の賃金での雇用となる場合が多数です。

65歳まで働けたとしても、いままでよりもかなり少ない収入で、住宅ローンを支払いつづけるのはかなりの負担となるでしょう。そこで多くの方が退職金で住宅ローンの残金を一括返済してしまおうと考えるのです。

ですが、その退職金さえも企業の退職金の運用状況がよろしくなく、予定されていた額よりひくくなる可能性も高いのです。

最近では、予定していた退職金がかなり少なかったために一括返済できず、退職後に住宅ローン返済が滞り、住宅を売らざるをえなくなってしまったというケースも多くあるのです。

退職金で返済できたとしても、退職金は老後の大切な資産です。公的年金に期待のできない現代、何がおこるかわからない老後に少しでも現金を手元に置いておくことは心の安心にもつながります。ですので、できれば退職金で一括返済してしまいたくはありません。

◆退職金を減らさずに住宅ローンを一括返済する方法

手元にある退職金や預貯金を減らさずに、住宅ローンを一括返済する方法があります。

それがリバースモーゲージです。

リバースモーゲージとは、自宅を担保にお金を借りて、契約者死亡後にその家でそのお金を返済するシステムです。生きている間はその家は自分のもので、住み続けることができます。

リバースモーゲージを取り扱う銀行はいくつかありますが、特によい商品なのが、東京スター銀行のリバースモーゲージです。

東京スター銀行のリバースモーゲージローンは預金連動型といって、東京スター銀行に貯金しておけばその分が借りた金額から引かれ、残りの金額にのみ利息がかけられるというシステムなのです。

ですので、リバースモーゲージで住宅ローンを一括返済し、退職金は東京スター銀行に預けておけば、その金額分には利息がかからなくなるのです。退職金の金額が借りた金額よりおおければ、利息ゼロということも可能なのです。

利用は全国で、一部地域ではマンションでも利用できるのでとても便利です。

ぜひ一度、こちらで詳しい内容を確かめてみて、東京スター銀行のリバースモーゲージでの一括返済をご検討してみてはいかがでしょうか?>>

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る