老後 病気の治療にかかる費用

DS009_L

老後の生活費もきになりますが、老後 病気のの治療にかかる費用も気になりますよね。

若い頃とは違い、悲しいかな病気になりかかりくなってしまう私達。

そのために、若い頃から高額な保険料を支払って終身の保険に入っている方もいるのではないでしょうか?

では実際どれくらいの金額が必要ないのでしょうか?

例えばガンにかかった場合

がんにかかった場合、治療の内容にもよりますが、平均100万円程度の治療費が必要だと言われています。

しかしそれは、手術などをおこなった最初の入院の費用であって、それまでの治療費、退院してからの治療費、また、交通費やその他入院に必要なための諸費用などは含まれてはいません。もちろん、その金額には保険診療以外の高度先進医療などの費用も含まれてはいません。

長年高額な金額をしはらってきた保険では、入院一日多くても1万円、手術に30万円程度ですので1ヶ月程度の入院であれば60万円ほどしか支給されない計算になります。

しかし、1カ月あたりに支払う保険診療の医療費が一定額(一般的な生活水準の人であれば約8万)以上ある場合は、高額療養費制度などの公的な制度もあるので安心です。

しかも、加入する医療保険から事前に「所得区分」の認定証を発行してもらうことにより、医療機関の窓口での支払を負担の上限額までにとどめることもできます。このため、一度に用意する費用が少なくて済みますので、高額な金額を用意しておく必要はありません。

例えば、すべて保険でまかなえる手術を受けた場合であれば1ヶ月の入院でいくらかかっても支出は8万円程度。入院時の差額ベット代や食事代はふくまれませんので、その費用だけで大丈夫です。

そう考えると、終身保険にはいっておけば負担はほとんどありません、と言うか、逆にはいってくる分のほうがおおくなるかもしれません。

でもそれ以上に日頃の治療費がかかってしまうのが現実

これから高齢者の医療費負担が、現在1割のところ、2割となり、将来的にももっと上がる可能性もあります。

入院時には問題ないかもしれませんが、病気がちの高齢者なら、日頃の通院治療の負担はますますふえることになりそうです。

余裕のある生活のためには、ゆとりのある老後の資金が必要です。

リバースモーゲージであれば、今ある家にすみつづけながら、老後の資金を得られるので、楽になるのではないでしょうか?

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る