群馬銀行リバースモーゲージ「夢のつづき」の取扱い地区が拡大

群馬銀行は2013年よりリバースモーゲージも取扱を開始していました。

今回、2015年5月より、その対象エリアと物件を拡大しました。

以前は、群馬県・埼玉県内の原則として路線価のある地区の一戸建てのみが対象でしたが、今回の改定で、取扱い地区を同行の全営業エリア(ただし大阪を除く)の路線価のある物件に拡大し、新たにマンションも対象なるように変更したようです。

群馬銀行のリバースモーゲージは以前より利用し易いリバースモーゲージでしたが、これで更に利用しやすくなったようです。

群馬銀行リバースモーゲージ「夢のつづき」の特徴

1)毎年1回の年金型

初回はリフォームなどに利用できるよう、まとまった金額の融資を受けることができますが、その後は年に1回の融資をうけることとなる

2)契約終了後売却金額が返済額を下回っても、追加返済の必要はない。

例えば、契約終了後に総額2000万円を受け、自宅の売却金額が1500万円だった場合、他の銀行であればその差額の返済も求められますが、群馬銀行の場合、その部分は目をつぶりましょうという仕組みです。
もちろん、年に一度融資限度額の見直しが行われ、融資途中に物件価格が下がってしまった場合融資は止められてしまいますが、、、

3)契約者が亡くなった後も配偶者が契約を引き継げる

契約者である旦那様が亡くなった場合、通常のリバースモーゲージであれば融資は終了し、数ヶ月~3年以内に融資を受けた額を一括返済するか、その家を売却して返済を行わなければいけません。そうなると残された奥様は住む場所を失ってしまいます。

ですが、群馬銀行リバースモーゲージ「夢のつづき」は奥様がその契約を引き継ぐことにより、住み慣れた家に住み続けることができるので安心です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る