繰り上げ返済できますか?|老後の住宅ローン

例えば35才で35年の住宅ローンを組んだ方は、返し終わるのは70才。。。

ということは、60才定年後の無年金期間にも住宅ローンを支払わなくては行けないことになりますので、多くの方は定年退職前に繰り上げ返済をして、60才以降は住宅ローンははらわなくてよくなるようにしたいと希望しているようです。

さらに繰り上げ返済は、予定より前倒しでローンを返すことで、早めに返した分は元金の返済に充てられるため、その元金にかかる予定の利息を減らせるというメリットがあります。

繰り上げ返済には、毎月の返済額を少なくする「返済額軽減型」と、毎月の金額は同じで期間が短縮される「期間短縮型」がありますが、当然定年後の余裕を生むためには後者の「期間短縮型」を選択しましょう。同じ資金を繰り上げ返済した場合、「期間短縮型」の方が利息の軽減効果も高いのです。

繰り上げ返済は良いことですが、注意したいのが「返しすぎ」です。

定年退職前で、子育てが終わったとしても、これから世代は病気のリスクが高まってきます。入院・手術にも多くの金額が必要となります。また万が一働けなくなった場合、貯蓄が生活の支えになりますので、ある程度の金額は手元においておくべきです。

又、万が一、住宅ローンの契約者がなくなってしまった場合、住宅ローンは団体信用生命保険で保証されるため、残された家族は住宅ローンの心配をすることなくその家で生活できることになります。

でも、その時に多くの貯蓄を使って住宅ローンを返してしまい、手元に現金がほとんどないということは避けたいものです。

繰り上げ返済の手数料に注意

多くの銀行は繰り上げ返済の手数料を必要としています。
1万円から数万円かかるところも少なくはありませんので注意しましょう。

ただ、多くの銀行ではインターネットバンキングで繰り上げ返済をした場合、手数料が無料になるなどのサービスをおこなっているので、事前に調べてから繰り上げ返済をおこないましょう。

こまめに返済したいが、手数料がかかる場合は毎月の返済額の増額という方法もあります。毎月の返済金額を1万でも2万でも増やせばその分返済期間は短くなりますし、利息負担も少なくなります。手続きも一度で済むのでオススメです。

それでも退職後にも住宅ローンが残った場合。。。

退職金の多くを住宅ローン返済に当てて、その後の生活を年金だけに頼るということはリスクがあります。できれば手元に現金は残しておきたいですよね。
そんな場合、リバースモーゲージという手もあるということを頭においておいてください。

◆住宅ローンを一括返済できるリバースモーゲージとは?◆

55才過ぎでまだ住宅ローンがのこっているのであれば、東京スター銀行のリバースモーゲージローンでの一括返済がおすすめです!!

リバースモーゲージは、今住んでいる家を抵当に、お金を借りて返済は契約者がなくなった後にその家で返済するというローンです。そのお金の使い道は住宅ローンの一括返済に当ててもよいものもあり、住宅ローンの毎月の返済が必要なくなります。(リバースモーゲージは毎月の金利の返済だけは必要です)

そうすることにより、手元に現金も残り、家にも住み続けることができますので安心の老後が過ごせるのです。

東京スター銀行のリバースモーゲージローンであれば、借り入れたお金の使い道は自由ですから、今お支払いの住宅ローンの一括返済にご利用いただけます。また、首都圏以外の関西、九州地区でも利用でき、預金金利変動型ですので、預金があれば金利も安くなるのでとてもお得です。一部地域はマンションでも利用が可能ですので、ぜひ一度ご確認ください。

また、ご契約者が亡くなった後も、配偶者の方が一定の条件をみたせばそれ以降もその家には住み続けることができるのでとても安心です。

東京スター銀行の
リバースモーゲージローンの詳しい内容はこちら>>

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る