広島銀行のリバースモーゲージ「リバースモーゲージ“きらめき”」

山口県に引き続き、広島県でもリバースモーゲージの取扱が2014年2月から広島銀行で始まりました。

広島市に本店を置く広島銀行はその名の通り、広島県を中心に事業を行う地方銀行です。

名前は「リバースモーゲージ“きらめき”」。

詳細を見てみましょう

ご利用いただける方: お借り入れ時60歳以上の方
お使いみち: 自由(事業性資金・投機性資金は除く)
ご融資金額:  500万円以上2000万円 土地評価額×50%以内
ご融資期間:  終身
融資利率: (変動金利) 2.975%
担保:  広島市 中・南・西・東区の戸建住宅を担保
保証人:  推定相続人(1名以上)

広島銀行のリバースモーゲージは、使用目的は自由ですね。住宅ローンの入居一時金、リフォーム、老後の生活費の足しに、住宅ローンの一括返済などに利用できます。

地方としてはかなり高額の500万円~2000万円土地評価額×50%以内のということですので、1000万円~4000万円の評価額のある土地付き一戸建て住宅が対象ということになります。広島市 中・南・西・東区とういことですので、広島の中心地のみが対象ということのようです。
残念ながらマンションは対象ではないようです。

元本の返済は生きている間は不要ですが、毎月利息の返済は必要です。

元本の返済は、契約者が亡くなってから6ヶ月以内に、相続人が一括で返済するということですので、担保とした不動産を売却する、もしくは、相続人が一括で返済することになります。

他の銀行でもそうですが、売った金額が借りた金額を下回った場合はその差額が相続人に入りますし、上回った場合は相続人が負担する必要があります。

配偶者がいる場合も、6ヶ月以内に返済ということですので、6ヶ月以内に別の住居を探す必要があります。ですので、配偶者がいる場合は亡くなった後のことも十分に検討した上で契約する必要があります。他の銀行では、配偶者が契約を引き継ぐことがえできるところもありますが、残念ながら広島銀行では無理なようです。

また、保証人が必要です。

広島で利用できるのは画期的ですが、少し利用しにくいポイントも多いですね。

追記:2014年9月16日

広島銀行のリバースモーゲージの取り扱い可能地域拡大し、同銀行の全営業地域となり、マンションの取り扱いも開始したと発表がありました。ただし、現行の地域限定型の商品はそのままで、新たに営業エリア内対称型として追加となります。融資の上限額は担保にする不動産評価額の50%で、かつ100万~1500万円の範囲。金利は3.475%と、地域限定型よりも高い。60歳以上が借りることができる。同居する親族など、将来の相続人に保証人になってもらうほか、利用は自宅のリフォームもしくは老人ホームの一時入居金にのみ対象で、住宅金融支援機構の保証となるようです。

配偶者も安心できるリバースモーゲージローンは無いの?

東京スター銀行のリバースモーゲージローンであれば、ご契約者さんがなくなったあとも、一定の条件をみたせば、配偶者さんはその家に住み続けることができます。また、利息は預金連動型というシステムで、東京スター銀行に預金があればその分の金額には利息がかからなくなるので、現金を手元に置いて安心できる上に利息が安くなるという画期的なシステムです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る