家に住みながらお金をもらう

家に住みながらお金をもらう、そんなウマい話があるのでしょうか?

はい。リバースモーゲージというシステムを使うと可能です。

リバースモーゲージは主に2種類あり、一つは各自治体の社会福祉協議会でおこなっている、不動産担保型生活資金といって、家はあるけど生活に困っている人向けに、不動産を担保にお金を貸し出す制度で、契約者の死亡後にその家で元金を返済するというものです。

たとえば、生活保護を受けたい場合、自宅があるとまずは売却して生活費を捻出しなければいけまんせんが、このシステムを利用すると、貸出限度額までこの資金で生活を行い、世帯の自立支援を図っていく貸付制度で、限度額に達した後は自動的に生活保護に移行するということも可能となります。今まで住み慣れた家に住めるということと、生活保護に移行した後も家賃を支払う必要がないので、自治体、本人にもメリットがあります。

もちろん誰もがこの制度を利用できるものではありません。利用できるのは、概ね1000万円から1500万円以上の評価額のある家で、家を相続させる必要がない人、そしてひとり暮らしもしくは夫婦二人くらしまでの家庭に限定されています。

また、お金を借りている訳ですので、利息を支払い続けなければいけませんし、(元本は返済する必要はありません)万が一契約者が先に亡くなられた場合は配偶者の方が契約者となり、再度契約などを行う必要があります。

もう一つのリバースモーゲージは、民間の銀行などの金融機関が行うリバースモーゲージで、主に富裕層を対象にしています。

しくみは不動産担保型生活資金と同じで、自宅を担保に銀行からお金を借りて、毎月利息だけを支払い、その家に死亡時まで住み続けることができるという仕組みです。(利息が借り入れ金額から予めひかれている商品などもあるようです)

やはり銀行のリバースモーゲージも、ある程度の金額の評価額の土地付きの一戸建てのみが対象で、その金額が8000万円以上と高額な場合もあり、富裕層の方で相続をしない人向けとなっているようです。

いずれにしても、昨今の少子化が進むなか、家を相続する必要のない家庭にとっては、住み慣れた家に住みながらお金をもらうことのでき、住む場所の心配なく余裕のある老後が遅れるのはとてもありがたいことですね。

今までは取り扱っている銀行がすくなかったリバースモーゲージですが、今後いろいろな銀行でも取り扱いが増えるかもしれませんね。

 

 

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る