定年後 住宅ローンの返済が残る場合

住宅ローンの繰り上げ返済が思うようにできなかった・・・
退職金が思ったより少なかったので返済してしまうと・・・・

定年後にも住宅ローンが残りそう、という方はとても多いのではないでしょうか?

住宅購入時には、大丈夫だろうと35年ローンを30才以降に組んでしまったため、60才以降にも1000万円以上の残債があるケースもあるようです。

当時はまだ60才から老齢基礎年金が支給されていた時代でしたので、余裕があれば繰り上げ返済、残りは退職金で支払えばいいだろうと気楽に思っていたのでしょうが、現在は年金支給は普通に貰えば65才からになり、厚生年金も段階的に引き下げられて65才からの支給となります。

定年後にも働ける制度ができている企業もありますが、60才以降は現役時代よりは確実に給与も引き下げられるようですし、他の仕事となるとさらに給料は少なくなってしまうでしょう。

定年退職金で一括返済、とお考えになっている方も多いでしょうが、大切な老後の生活費が足りなくなってしまう可能性だってでてきます。

家を売る!?

子どもたちも独立したし、これからは夫婦二人なので家を売って住宅ローンを完済してしまう。それも良いかもしれません。
たしかに、家が高く売れれば住宅ローンも完済できて、残りは生活費に当てることができるので余裕ができそうだと思いますが、新しい家を買うには更にお金が必要ですし、賃貸を借りるにしても、お二人で住むのですからそこそこの広さも必要でしょうし、家賃もお安くはありません。

なにより、今まで一生懸命ローンを支払い、家族で住んできた家を売るのはとても悲しいことです。やはり誰しも住み慣れた家で老後もずっと住み続けたいですよね?

でも、大丈夫です!
今住んでいる家に住み続けながら、住宅ローンを一括で返済できる方法があるんです!

リバースモーゲージで住宅ローンを一括返済

リバースモーゲージという制度を利用すれば、今住んでいる家を担保にお金を借りて、住宅ローンを一括返済できます。
返済は死亡後にその家を売ったお金で返済するので、生きている間は元本を返済をする必要がないのです。
今お住まいの家に死ぬまで住み続けることができますので、引っ越しする必要もなく、住宅ローンの返済の必要もなくなるのです。

お金を借りるので、金利は発生しますが、東京スター銀行のリバースモーゲージ商品なら、預金連動型で、預けているお金の分は金利が発生しないので、退職金をこちらにいれておけば金利もかなり低く抑えることができるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る