住宅ローン借り換えとは?|老後のための住宅ローン対策

今現在の住宅ローンの借り入れが1000万円以上あり、金利も2%以上であれば住宅ローンの借り換えをオススメします。

それ以下であれば、借り換えはオススメできません。なぜなら、住宅ローン借り換えにはかなりの額の費用がかかる上に、新規で借り入れを行うのと同様に書類の準備が必要で手間がかかるからです。

現在、住宅ローンは超低金利状態であり、またどこの金融機関も競って低い住宅ローン金利で新規顧客を獲得しようとやっきになっています。
これまで横並びの金利だったメガバンクでさえ、ネットバンクなどに顧客を奪われ、金利を他の銀行よりも下げるようになっているのが現状です。

ということは、借り換えにもその低金利は適用されるため、今は絶好の借り換えの時期だといえるでしょう。

しかし、オリンピック開催、デフレからの脱却と言われている中、金利はじわりじわりと上がってくると予想され、今の低金利で、固定金利で借りるのが一番の方法でしょう。

どこの銀行も10年固定という商品があり、50代の借り換えにはこの10年固定の住宅ローンがオススメです。

55才を過ぎていれば、リバースモーゲージを利用するという選択肢もあります。

◆住宅ローンを一括返済できるリバースモーゲージとは?◆

55才過ぎでまだ住宅ローンがのこっているのであれば、東京スター銀行のリバースモーゲージローンでの一括返済がおすすめです!!

リバースモーゲージとは、今お住まいの住居を担保にまとまったお金を借り入れ、元本の返済は死亡後に家の売却益で一括返済するという仕組みです。

東京スター銀行のリバースモーゲージローンであれば、借り入れたお金の使い道は自由ですから、今お支払いの住宅ローンの一括返済にご利用いただけます。また、首都圏以外の関西、九州地区でも利用でき、預金金利変動型ですので、預金があれば金利も安くなるのでとてもお得です。一部地域はマンションでも利用が可能ですので、ぜひ一度ご確認ください。

また、ご契約者が亡くなった後も、配偶者の方が一定の条件をみたせばそれ以降もその家には住み続けることができるのでとても安心です。

東京スター銀行の
リバースモーゲージローンの詳しい内容はこちら>>

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る