住宅ローンを見直しましょう | 老後の住宅ローン

老後を余裕のある生活にするためには、住宅ローンの見直しが重要です。

多くの方が35年ローンという最長のローンを組み、完済するのは60すぎ、ひどい人は70まで支払いつづけるという無茶な返済計画を組まれているという方も少なくはないはずです。

最近は晩婚化が進み、結婚が35才、40才前に第一子ができ、そこから家の購入、、という話もよく効きます。それまで貯蓄ができていて、十分な頭金でローンの支払いも20年以内となれば問題ありませんが、多くの方が30年、もしくは35年の長期のローンで、定年後も支払わなければならないのです。

多くの方が定年退職金で完済すればいいと思われているようですが、定年退職金は老後の大切な資金としてぜひ使いたいものです。老後に貯蓄は少しでも多いほうが良いからです。

そのためにも、60才までに住宅ローンを完済できるように、今努力すべきです。

幸い、現在住宅ローンの金利は低く、住宅ローンを見直す絶好の機会なのです。老後の生活を守るためにも、今!住宅ローンを見直しましょう。

住宅ローンの中身を知る

住宅ローンを見直すには、まずは自分が借りているローンの中身をしっかりと把握してください。住宅ローンの返済予定表というものがありますので、それで、60才の時点での残高金額を確認しましょう。

固定金利の場合は簡単ですが、変動金利や一定期間型の金利の場合は金額は把握できませんので、できれば銀行にお願いしてみてください。
インターネットでも、借入額と金利を入力すれば毎月の支払い金額などが算出されるサイトなどもあるので、銀行でお願いできない人は簡易の理解として利用してみてください。
http://www.saveinfo.or.jp/tool/sikin/menu/s_kuriage.html

定年後も住宅ローンが残った場合

頑張っても、子供の教育費、物価の上昇、給与や賞与のダウンなどで努力してもどうしても定年後も住宅ローンが残った場合も、リバースモーゲージという手もあります。

◆住宅ローンを一括返済できるリバースモーゲージとは?◆

55才過ぎでまだ住宅ローンがのこっているのであれば、東京スター銀行のリバースモーゲージローンでの一括返済がおすすめです!!

リバースモーゲージは、今住んでいる家を抵当に、お金を借りて返済は契約者がなくなった後にその家で返済するというローンです。そのお金の使い道は住宅ローンの一括返済に当ててもよいものもあり、住宅ローンの毎月の返済が必要なくなります。(リバースモーゲージは毎月の金利の返済だけは必要です)

そうすることにより、手元に現金も残り、家にも住み続けることができますので安心の老後が過ごせるのです。

東京スター銀行のリバースモーゲージローンであれば、借り入れたお金の使い道は自由ですから、今お支払いの住宅ローンの一括返済にご利用いただけます。また、首都圏以外の関西、九州地区でも利用でき、預金金利変動型ですので、預金があれば金利も安くなるのでとてもお得です。一部地域はマンションでも利用が可能ですので、ぜひ一度ご確認ください。

また、ご契約者が亡くなった後も、配偶者の方が一定の条件をみたせばそれ以降もその家には住み続けることができるのでとても安心です。

東京スター銀行の
リバースモーゲージローンの詳しい内容はこちら>>

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る