リバースモーゲージ:不動産担保型生活資金とは?

「不動産担保型生活資金」は、生活保護を受けないまでも、年金だけでは生活が厳しく、将来自宅を
相続をさせる必要のない人が利用する制度です。

貸付の条件は以下のようなものです。(京都市の条件を例にとります)

貸付対象となる主な条件は、次のいずれにも該当する「高齢者世帯」です。
(1)借入申込世帯が、自己所有の不動産(土地・家屋とも)に居住し、今後も将来にわたって住み続けるこ
とを希望する世帯であること
(2)所有されている不動産が、
借入申込者の「単独所有」または、「配偶者とのみ共有」であること。
賃借権などの「利用権」が設定されていないこと。
抵当権などの「担保権」が設定されていないこと。
(3)申込者以外の方の同居が認められるのは、
申込者の配偶者
申込者若しくは配偶者の直系尊属のみとなります。
(4)申込世帯の構成員が原則として、65歳以上であること。
(5)申込世帯が、市町村民税非課税程度の低所得世帯であること。
(6)現住所に3年以上住んでいること。
(7)原則として、担保不動産(土地)が1,500万円以上の価値を有すること。
(8)借受人の心身の状況を問わず、平均余命の全ての期間中、本資金と年金収入により最低生活が維持(生
活保護基準以上の収入確保)できること。
(9)原則として、生活保護受給世帯でないこと。
(10)推定相続人がいる場合は、原則として全員の同意があること。

貸付金額は、30万円を限度として、生活保護費の1.8倍の額を毎月受給できるそうです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る