リバースモーゲージをケアハウスや老人ホームの入居費用に

リバースモーゲージを利用する条件として、担保とした物件(家)を住居として住む続ける必要があることがあります。

その家を貸したり、売ったりすることは原則できませんので、ケアハウスや老人ホームなどに入居する場合、その自宅は住人がいないまま放置しておくしかないでしょう。

実際、多くの方が、リバースモーゲージをケアハウスや老人ホームの入居費用に利用されている場合、お盆や正月に家に帰り、帰省してきた子どもたちと過ごすためにに利用してるそうです。

住み慣れた家、土地を手放したくないという気持ちを持つのは当然でしょうが、家の維持管理には費用もかかり、年に数回だけ利用するためだけに放置しておくのはもったいないように思えます。

しかし、東京スター銀行のリバースモーゲージ商品なら、リバースモーゲージでお金を借り、ケアハウスや老人ホームの入居一時金をそれに当て、誰も家に済まなくなった家は人に貸して、その毎月の家賃を得ることができるということも可能なのです。

但し、まずはこれなら無駄がないですね。

 

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る