リバースモーゲージ 収入が無い場合

DR042_L

リバースモーゲージとは、自宅を担保にお金を借りて亡くなった後にその家で全額返済する金融システムです。

しかし、そのリバースモーゲージにも2種類あって、一つは富裕層向けに銀行や金融機関が行うものと、もう一つは国の機関である各都道府県の社会福祉協議会が行うものです。

一定の収入が無いと利用できないリバースモーゲージとは?

富裕層向けのリバースモーゲージは、当然富裕層向けですので、収入がない場合は利用できないのが普通です。
通常、リバースモーゲージのほとんどは、一定の収入を利用の条件の一つにあげているからです。一定の収入とは、年金を指します。
もちろん富裕層ですので、他の家賃収入や個人年金の収入がある場合はありますが、金額等は概ね1ヶ月7万円以上程度と設定しているところが多く、国民年金保険料を普通に受け取っていれば問題はないようです。

一定の収入がなくても利用できるリバースモーゲージとは?

一方、社会福祉協議会の行うリバースモーゲージは、収入がない場合でも利用できます。

というのも、こちらの制度は、持ち家と土地があっても現金収入が少ない高齢者が、その居住用不動産を担保に生活費を借り入れることにより、世帯の自立支援を図っていく貸付制度です。

ですので、一定の収入のあるなしは関係ありません

主に、生活保護を受けたい人が自宅をもっている場合に利用されるのが多いようです。
生活保護を受ける前提として今もっている財産を処分する必要があり、売却した場合住む場所を住み替える必要があるため、その家に住み続けたい場合などに利用出来るからです。

売却せず、このリバースモーゲージを利用すると、自宅の資産価値の7割まで貸付が行われます。当然一括で支払われる訳ではなく、毎月分割で生活保護程度の金額が支払われ、7割に達した後は自動的に生活保護に移行します。

当然利用するには条件があり、利用条件は概ねこのようになっています。

  • 借入申込者が単独で所有、あるいは同居の配偶者との共有する不動産に居住していること。
  • 不動産に貸借権等の利用権や抵当権等の担保権が設定されていないこと。
  • 配偶者またはその親以外の同居人がいないこと。かつ、世帯の構成員が原則として65歳以上であること。
  • 借入世帯が市町村税の非課税世帯または均等割課税世帯程度の低所得世帯であること。

もちろんその家には居住者が亡くなるまで住むことはできます。生活保護に移行する前に亡くなった場合は相続人のほうで売却して貸付金を相殺することになります。

 銀行系のリバースモーゲージでオススメは?こちらから簡単に資料請求ができます>>

 

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る