みずほ銀行のリバースモーゲージ 条件、金額は?

2013年から開始した初のメガバンクのリバースモーゲージ商品、みずほ銀行の「みずほプライムエイジ」は詳しい条件はどうなっているのでしょうか?

まず、リバースモーゲージができる家の立地は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県で、他の銀行と同じく土地付き一戸建てとなっています。
評価額は4000万円以上です。

追記2014年11月

評価額が4000万円から2000万円と引き下げられています。

利用できる人は、下記の通りで、他のリバースモーゲージ商品と何ら変わりませんね。

  • ご契約時の年齢が満55歳以上の方
  • ご自宅に夫婦2人暮らし、または1人暮らしの方
  • 金融資産を相応に保有し、安定かつ継続した収入の見込める方(年金収入等)
  • 保証会社の保証を受けられる方
  • 戸籍謄本により推定相続人が確定できる方

使い道については、フリー口と、目的口とあり、フリーの場合は限度額が2000万円で、目的口の場合は1億円です。

フリーの場合は何に利用してもよいですが、目的の場合は、自宅のリフォーム、もしくは有料老人ホームの一時入居金にしか利用できないそうです。その分金利も安く、フリー口は短期プライムレート(基準金利)たす年2.0パーセントの変動金利に対し、目的口は短期プライムレート(基準金利)たす年1.5パーセントの変動金利と0.5%金利が低くなっています。

尚、他の多くの銀行が金利については毎月返済する必要があるのですが、このみずほ銀行のリバースモーゲージに関しては、お借入利息は、貸越元金に組み入れられますので、毎月の返済は何も必要ないのでとても楽ではないでしょうか。

気になったのが、他の銀行もそうですが、契約者が亡くなったら自宅で返済ということになっているのですが、配偶者がその後もすめるのかどうなのかがどこにも書かれていませんでした。他の金融機関などでは、契約者がなくなった後も引き続き住み続けてもらえると記載しているところが多い中、これはちょっと不親切です。本当に住めないのであれば、ちょっと利用は難しいですね。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る