東京スター銀行のリバースモーゲージ

東京銀行のリバースモーゲージ「充実人生」は、一戸建て住宅だけでなく、マンション(一部地域のみ)でも利用でき、全国対応の人気のリバースモーゲージです。その利用者数は右肩上がりで、2014年6月末の時点で3400人を超えているそうです。

☆預金があれば金利が減る!?

その一番の特徴は、預金連動型とよばれるシステムで、東京スター銀行に預金があればその金額分が借入分よいマイナスになり、利息はその残りの部分にのみ適用されるというとてもお得なシステムなのです。

たとえば、東京スター銀行のリバースモーゲージで2000万円の借り入れをした場合、全額使わず一部1000万円をリフォームなどに利用し、残りは預金しておけば、利息はその利用した1000万円分にしか、かかりません。万が一の時の為に現金を手元に置いておきたいというニーズにぴったりです。

riv_02
とういうことは、もし、預金金額が借入金額より多ければ、利息がゼロ、ということも可能となるのです。
例えば2000万円をリバースモーゲージで借りても、残高と合わせて東京スター銀行の同じ口座に退職金を預けた場合、その金額が合計で借りた金額よりも多くなれば、実質金利はゼロということになります。

riv_04

老後の余裕資金が欲しいという方にはとてもありがたいシステムですね。

☆旦那様が先になくなったら奥様はどうすれば!?

リバースモーゲージを利用することで心配なのは、契約者である夫が先になくなった場合、その後配偶者の妻がその家に住み続けられるかということです。

多くの銀行では、契約者が亡くなったらすぐに借入金を一括で返済するか、その家を代物弁済で手放すかを迫られます。多くの方は旦那様が契約者となられる場合が多いと考えられますが、実際女性の方が平均寿命が長いですし、旦那様より年が下のケースも多く、旦那様が亡くなられた後も単身でお住まいになられるケースが多いのです。

しかし、東京スター銀行の充実人生では、夫(契約者)が亡くなった後も利用条件を満たす必要はありますが、奥様は引き続き住み続けることができるようですので安心です。(利息の支払いは必要)

☆物件の価値が下がって借入額より低くなったら!?

また契約者死亡後に代物弁済で、銀行が物件を処分してもローンの残額に満たなかった場合、東京スター銀行の充実人生であれば、ローンの残高が物件評価額を上回っていても、差額を請求されません、

たとえば、借り入れした当時は5000万円の価値があった家で2500万円の借り入れをした場合、契約様がなくなった時の家の価値が暴落し、2000万円だったとしても、差額の500万円を返済する必要はないのです。

もちろん、多かった場合は相続人にその多かった差額は支払われます。

☆東京スター銀行の「充実人生」概要

対象となる人

  • 一戸建ては全国、マンションは:東京都 神奈川県 埼玉県 千葉県 大阪市 京都市 神戸市に限られています。
    全国の東京スター銀行の充実人生取扱支店へ、おおむね2時間以内にご来店いただける方となっています。
  • 年収が120万円以上ある人
  • 55歳以上80歳未満で、配偶者は50歳以上。

融資額

  • 500万から1億円(マンションの場合は5000万円まで)。
  • 実際の融資額は家の評価額から計算される。

返済方法

  • 毎月利息分のみ返済

 

東京スター銀行のリバースモーゲージは、たくさんのメリットがありますので、リバースモーゲージにご関心のある方には、とてもお勧めです!
なお、東京スター銀行のホームページでは、東京スター銀行のリバースモーゲージの詳細や、詳しい資料の請求をすることができます。

東京スター銀行のリバースモーゲージに関心のある方は、ぜひ、下記をクリックして、ご確認ください。

東京スター銀行の充実人生の詳しい内容はコチラから>>

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る