十六銀行 リバースモーゲージ 住宅金融支援機構および移住・住みかえ支援機構とのローン商品

東海3県で初となる、十六銀行でのリバースモーゲージの取り扱いが2015年11月に開始されました。

十六銀行さんのリバースモーゲージは、住宅金融支援機構と、移住・住みかえ支援機構とどちらとも提携しているリバースモーゲージで、結果内容も2種類となっています。

住宅金融支援機構との提携商品は、住宅のリフォーム、老人ホームなどへの入居一時金、新規購入などに利用目的が限定されています。
借り入れ金額は1500万円~5000万円までです。

一方、移住・住みかえ支援機構との商品の方は、移住・住みかえ支援機構が自宅を借り上げ、その資金を貸し付けるというもので、普通のリバースモーゲージのように自宅に住み続けることはできません。

そして、契約者が亡くなった後は、相続人が賃貸契約を引き継ぎ、移住・住みかえ支援機構に返済をするという仕組みです。

なんだかややこしいですが、全く違うものだと考えれば簡単ですね。

残念ながら、プレスリリースはあるのですが、肝心な商品ページが2016年8月時点でもなく、金利や詳細がわかりません。

 

追記 2016年11月

当初住宅金融支援機構と、移住・住みかえ支援機構とどちらとも提携しているリバースモーゲージとして発表されていあ十六銀行のリバースモーゲージですが、改めて確認してみると、当初住宅金融支援機構だけとの提携で収まったようです。

ですので、リバースモーゲージで借り入れしたお金の使いみちは、住宅購入、サ高住の一時金、リフォーム、住宅ローンの返済など、住宅に関する出費に限定されています。

そのかわり月々の利息は他の一般のリバースモーゲージと較べて低く、2.825%~3.325%となっています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る